2010年05月21日

atatと人と

暑い日が続いています。寝苦しいときには数独パズルを解くことにしています。まあ大抵の場合、解く前に意識が落ちているわけですが。なぜか数字を見ているとよく寝れるんです。それでもだいぶ早く解けるようになってきました。

先日は革の仕上げ剤をまとめ買い。以前のエントリーからだいたい1年くらいになる。より多く作ろうと考えて以前の倍を頼むことに。
後日、想像していたより早いタイミングで荷物が届く。箱の中には手書きの便箋が。Webの注文フォームの向こう側に確かに人がいる。

at100521.jpg

革の教室に向けてブックカバーの試作品を制作。今回はとりあえず大きいサイズで作ったが、もしかすると文庫くらいの手ごろなサイズのほうがいいかもしれない。じっさい制作にかかる時間、それに仕上がりに満足感が得られるかどうか、さじ加減がむずかしいところ。

こんど短期間ではあるが専門学校からの研修生を受け入れることに。企業ではなくて、フリーの革作家のところにインターンシップは珍しい。こういうのってWebで広く情報を集めるのが当たり前だけれど、Webに載っている情報はほんの一部にすぎなかったりする。

たまに修理の依頼があったり、直してまで使ってくれる人がいるのは嬉しい。いまだに革の作品はアナログな手づくりだが、仕上げ方ひとつで表現ができるのが強みだと思う。

posted by atat-y at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | atatについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38435708
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック