2010年12月24日

革の保管・巻き方

クリスマスといえばロールケーキですが、あえて革を巻き巻きしますよ
kawamaki0002.jpg
こちらは先日大量に入荷した牛革でございます。しかし運搬のためにまとめて巻いてしまっているので、湿気がたまりやすく保管には向きません。1枚1枚巻いて、日が当たらず風通しのよい場所に保管してやることでベストなコンディションを保ちます

kawamaki0001.jpg
そこで、あらかじめ発注しておいた紙管が届きました。サイズはA0用(内径51mm×厚み1.5mm×長さ100cm)です。ポスターや図面などによく使われるサイズの品なので入手はしやすいですね。ではさっそく巻いていきます。

kawamaki0003.jpg
こちらがまだ大きいままの革です。数メートルあるのできれいに巻くのは意外とむつかしいですが、紙菅があるとやりやすいです

kawamaki0004.jpg
いきなり端から巻きはじめると徐々にずれていきますので、きれいに巻くコツがあります。まず水平に紙菅を当てて革を掛けます

kawamaki0005.jpg
写真のように革を掛けたところが、タオル掛けのようにきちんと並行になるようになるよう微調整したのち、慎重に端まで巻き戻します

kawamaki0006.jpg
あとはずれないように、折れたまま巻き込まないように丁寧に巻いていきます。この時、革の銀面を爪で傷つけないよう注意。

kawamaki0007.jpg
じょうずに巻けました!
posted by atat-y at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | atatについて